みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯科衛生士と歯科助手の仕事

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯医者さんには、歯科医師以外にも働いているスタッフがいますよね。歯科衛生士や歯科助手は必ず見かけると思います。あなたは歯科衛生士と歯科助手、見分けることができますか? なかなか難しいかと思います。今回は、歯科衛生士と歯科助手のできる仕事や違いなどを紹介できればと思っています。

歯科衛生士とは

歯科衛生士は、歯科医療業務を行う専門職です。厚生労働省指定の養成校にて3年間学び、必要な単位を取得することはもちろん、国家試験に合格しなければ歯科衛生士とは名乗れません。

歯科衛生士のお仕事は、大きく分けると3つあります。

歯や歯肉の状態の点検や歯石除去、虫歯予防のために薬を塗ったりする「歯科予防処置」、幼稚園や保育園、小学校、老人ホームなどで歯磨きの仕方などを伝える「歯科保健指導」、歯医者さんのパートナーとして診療のサポートをする「歯科診療補助」です。

歯科予防処置・歯科保健指導・歯科診療補助を歯科衛生士の三大業務と呼んでいます。

歯科助手とは

歯科助手は、歯医者さんにおいて先生や歯科衛生士のアシスタントをする職種になります。歯医者さんで一番はじめに受付で接してくれるスタッフは歯科助手のことが多いです。

歯医者さんによって歯科助手の仕事は多少違うかもしれません。一般的な歯科助手のお仕事内容は、予約管理や患者応対の受付業務、会計管理やカルテファイル作成、治療に使用する器具の準備や使用した器具の洗浄・滅菌処理・片付け、清掃、患者さんの誘導・介添、治療のアシスタントなどになります。

歯科助手の主な役割として、先生が治療に専念できるような環境づくりとサポート、そして患者さんの不安をやわらげることといってもいいでしょう。

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科衛生士と歯科助手の大きな違いは、歯科医療行為ができるかできないかというところにあります。歯科衛生士が国家資格であるのに対し、歯科助手は国に認められた資格ではありません。スクールなどで独自につくった資格を1~2年制のコースで取り、学んでいます。

歯科衛生士は、予防処置・保健指導・診療補助の歯科医療行為を行います。一方、歯科助手は、受付事務や診療のための雑務を担当することが多くなります。

どちらも歯医者さんにはなくてはならない職種になります。病院で看護師と看護助手がいるように、歯医者さんには歯科衛生士と歯科助手がいます。歯科医療行為を行うか否か、つまり、お口の中に手を入れるか入れないか、そこでこの2つの職種を見分けることが出来ます。