みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

炭酸飲料を飲むと歯が溶けるって本当?

炭酸飲料を飲むと歯が溶けるって本当?

歯が溶けてしまう原因とは?

 子供の頃、親から「炭酸飲料を飲むと歯が溶けてしまうぞ」と言われて、飲み過ぎを注意された経験などありませんか?しかし、それが本当かどうなのか?また本当だとしても、どのような原因で歯が溶けてしまうのか?について紹介していきます。

歯が溶けるのは炭酸飲料だけではない!?

 「炭酸飲料を飲むと歯が溶けてしまう」というのは本当です。しかし、歯を溶けてしまう原因は炭酸飲料だけとは限りません。実際には「酸性の強いモノ」が、歯を溶かしている本当の原因なのです。

 飲食物の酸っぱさ(酸性度)は、pH値(ペーパー値)で表すことができます。pH値は、低いほど強い酸性を表します。ちなみに酸っぱいもの代表「レモン」のpH値は2~3。その他に、果実飲料、お酢や醤油、フレンチドレッシングなども、pH値が比較的低い食品・飲料です。

酸蝕症とは?

 このように酸制度の強い飲食物などで歯が溶けてしまう症状を「酸蝕症(さんしょくしょう)」と言います。コレが、炭酸飲料を飲むと歯が溶けてしまう正体なのです。酸っぱいものを食べたり飲んだりすることで、酸に弱い歯のエナメル質が溶かされてしまうこの症状は、

・冷たいモノを食べたり飲んだりする際歯がしみてしまう
・歯のツヤが失われる
・歯そのものが薄くなってしまう

などの症状が見られるようになります。ただ、症状進行が緩やかなので、自分で気づくのが難しく、そのままにしておくと痛みを感じるようになったり、重症化すると歯に穴が空いてしまうこともあります。

酸蝕症にならないために気をつけること

 酸蝕症の予防をしつつ、酸っぱいモノを楽しむために以下のことに気をつけましょう。

・飲み過ぎ注意
 普段から、酸性の強い飲み物をよく飲んでいる人は、その分口の中の酸性の強い飲み物が入っている機会が多いため、酸蝕症になるリスクが高くなってしまいます。そのため注意が必要です。

・飲む際は短時間摂取で口の中に溜め込まない
 少しずつ時間をかけて飲むような飲み方は、歯と酸が触れ合う機会が長くなってしまい、酸蝕症のリスクが高まってしまいます。そうならないためにも、酸性の強い飲み物は、できるだけ短時間で摂取してしまいましょう。

・飲んだあとは、水でうがいをする
 飲み終わったあとは、少しでもリスクを減らすために、水やお茶などの酸性度の低いモノでうがいをして、口の中に残った酸を洗い流しましょう。

・飲んだあとにすぐ歯を磨かない
 「うがいをするんならついでに歯磨きまで・・・」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、酸性の強い飲み物を飲んだ直後は歯を磨かないよう注意しましょう。酸性の強い飲み物を飲んだ後、歯が柔らかくなっています。そのため、飲んだ直後の歯磨きはかえって歯を傷つけてしまいます。もしも歯を磨くなら、約30分(唾液によって口の中が中和される時間)経ってから歯を磨くようにしましょう。

炭酸水で歯は溶けるのか?

 近年メジャーな飲み物としてすっかり定着した炭酸水。この炭酸水、水に炭酸ガスを高圧力で注入し溶け込ませている飲み物です。炭酸飲料と違い糖分も含まれていませんし、普段から適切なケアを行っていれば心配する必要はありません。

 しかし炭酸水の中にもフレーバー付きのモノがありますが、風味付けにクエン酸などを添加させているモノがあることがあります。どうしても気になる方は、裏の成分表を確認してみましょう。

まとめ

 炭酸飲料で歯が溶ける正体は「酸蝕症」と呼ばれる、炭酸飲料など酸性の強い飲み物を飲むことで、歯が溶かされてしまうということが原因でした。いつまでも歯をキレイな状態に保つためにも、酸と歯の関係を少し知っておくと今後の予防に役立ちます。