みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

マイクロエンド治療でより精密な治療を

マイクロエンド治療でより精密な治療を

大切な歯をできるだけ残す治療

あまり聞き馴染みの無い名前の治療だと思います。この治療は保険適用外の根幹治療です。従来の治療よりも精度の高い治療を行うことができます。今回はそんな「マイクロエンド治療」について解説していきます。

マイクロエンド治療とは?

細菌に感染してしまった歯の神経や根の中の組織を取り除く根幹治療を、歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を使い、汚染された箇所を拡大、直視しながら確実に取り除く、清潔かつ精密な治療法です。

根管治療では、治療後の根管内部の消毒を丁寧に行うことが重要になってきます。しかし、根管内は非常に複雑な構造をしています。また人によって形状や状態が違うため、従来の歯科医師の裸眼での治療では限界があります。マイクロエンド治療は、これまでの人間の感覚と経験では限界があった根管治療の精度を、格段に向上させた治療なのです。

治療の流れ

その人の歯の状態によって若干の異なりはありますが、一般的な治療の流れは以下のようになります。

1 虫歯の治療
再治療の場合、銀歯や土台などの除去作業も行います。

2 神経の除去→洗浄→消毒
汚染された神経や、以前の治療で根管内に詰めた薬剤を取り除いた後、洗浄を行っていきます。この時マイクロエンド治療は、歯科用顕微鏡を使用して根管内を拡大視することで、汚染箇所が一切残らないように丁寧に洗浄、消毒を行っていきます、

3 根管充填
洗浄、消毒を行った根管内に薬剤を詰めた後、密閉します。この時根管内に隙間を作らないようにしっかり密閉することが重要です。

4 被せ物の作成、セット
新たな細菌感染を防ぐため、被せ物をかぶせていきます。

治療時間、治療費はどのぐらいかかるのか?

この治療は、保険適用外の治療となります。その人の歯の状態によって治療費や治療時間も変わってきます。また、歯医者によっても治療費が変わってきます。
参考にA歯医者の相場は、1本の歯の治療から被せ物をまでの工程で約20万ぐらいからになるようです。

まとめ

今回紹介してきました「マイクロエンド治療」ですが、

・以前治療した箇所が一向に改善しない
・他の歯医者で抜歯と診断されてしまったが、できれば歯を残したい
・より精密な治療を受けたい

このような事などに該当する方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?保険適用外のため、治療費が高額になってしまいますが、長い目で見れば、より長く健康な歯を維持できると考えると、決して高くない投資かもしれません。