みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

精密コンポジットレジンのメリット・デメリット

精密コンポジットレジンのメリット・デメリット

精密コンポジットレジンとは何か、治療上のメリット・デメリットは?

コンポジットレジンとは?

 コンポジットレジンとは、歯牙欠損時の詰め物として使用する、歯の色に似せた有機複合材料、プラスチック素材で出来た歯の修復物のことです。

治療法の変化

 歯の治療法として詰め物をする手法は以前から存在するものです。レジンと呼ばれるプラスチック素材を使用する治療法は、安価で時間も短縮できるため多くの歯科医院で採用されてきました。しかし、1970年代に頻繁に使用されたアマルガム修復法では、水銀の害があまりにも大きいとされ下火となり、現在ではほとんど行われていません。

治療法としての位置づけ

 精密コンポジットレジン修復法は従来のコンポジットレジン充填より進化した治療法で、自費による自由診療でありながら、患者の時間的、経済的負担を軽く抑えつつ審美性も高く、患者と歯科医師両者にとってメリットの多い、バランスの取れた治療法といえるでしょう。

精密コンポジットレジン治療法のメリット

 多用される治療法であるからにはメリットがあるはずです。

歯を削る量が少ない

 インレー(銀歯)に比べ最小範囲で歯を削るので、痛みも抑えられ歯を長持ちさせることができます。金属を使用しないため、金属の溶け出しによる体への悪影響やアレルギーなどを避けることができます。治療期間も短く比較的安価に治療でき、患者への負担はできるだけ抑えることができます。

再発再治療が少ない

 レジンには光を当ててしばらく放置すると固まるという特徴があります。レジンを接着するため、すき間ができにくく再発や再治療を抑えることが出来ます。型取りが不要で自分の歯に充填する方法なので自然な歯を再現しやすいといえるでしょう。

コンポジットレジン治療のデメリット

 デメリットにはどのようなものがあるでしょう。

変色や艶の消失(審美性)

 長期経過すると変色の見られることがあります。レジンを詰める治療法は「機能の回復」という視点が強いものなので、審美性の点で他の治療に劣ることが避けられない面もあります。

強い力で欠ける

 コンポジットレジン治療法にも、保険適用や適用外美容診療など、強度や外観の違うさまざまな種類があります。保険適用レジンでも滑らかで高品質な素材もありますが、金属に比べると強度は落ちます。プラスチック素材である以上、セラミック素材に比べ強度や変色などもあるため、経年による劣化はあるものと思っておいた方がいいでしょう。

まとめ

 治療費を安く抑え短期間で治療を終えたい方にとって、コンポジットレジンは適した治療法でした。セラミックより安価で銀歯より審美性が高かった従来のコンポジットレジンに比べ、精密コンポジットレジン治療法は審美性や体への負担軽減を大幅に高めました。治療の目的に沿って精密コンポジットレジン治療法を採用することで、負担の少ない効果的な治療が実現できるでしょう。