みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

歯が変色する原因とは?

歯が変色する原因とは?

歯の変色の原因と歯を白く戻す方法

若いときに白かった歯も、年齢を重ねるごとに変色してきます。歯が変色する理由には、加齢や虫歯によるもの、タバコやコーヒーで黄ばんでくる例などさまざまなものがあります。

歯の変色する外部要因

歯の変色には、飲食物によるものと虫歯によるものがあります。食べ物によるステイン汚れ、タバコのヤニ、虫歯治療で神経を抜くなど、変色の理由はさまざまです。

コーヒー、紅茶のステイン

コーヒー、紅茶、コーラ、ワインなど、着色成分の強い食品は、繰り返し摂取することで色が染みて歯が変色します。この変色をステインと呼びます。ステインとは「stain(染み、よごれ)」のことです。色の濃い食物を摂取すると、始めはエナメル質の表面に付着するだけだった色の成分が、繰り返し摂取することで歯の表面に染み込んでしまい変色していきます。色の成分であるポリフェノールが唾液の中のタンパク質と結合し、ステインと呼ばれる汚れになるのです。

タバコ

喫煙することでも歯が変色します。タバコに含まれるヤニはステインよりも粘着力が強く、変色の原因となります。

歯の変色する内部要因

虫歯による神経治療、治療にともなう薬品の投与によって変色が起こる場合があります。

神経治療による変色

虫歯が進行し神経を取り除く治療を行った歯は、毛細血管が除去されるため栄養分が届かなくなり、内側から茶色くなることがあります。

抗生物質の投与による変色

マイコプラズマ肺炎の治療などで、永久歯が生え変わる前の子どもが「テトラサイクリン」という抗生物質を投与されると、歯肉と歯の境目に縞状の茶色い変色が現れる場合があります。歯の表面が褐色になるなど、変色には個人差があります。

加齢によるもの

歯の表面はエナメル質に覆われ、その下には象牙質があります。歳を取るとエナメル質が薄くなる傾向があり、その下の象牙質がエナメル質を透けて見えやすくなります。

ステイン除去方法

歯の色によって相手に与える印象は大きく違ってきます。変色してしまった歯は、ホワイトニングといって歯医者で白く戻すことが可能です。

自宅での対処

歯磨きを使って、歯の白さを保つ方法もあります。ホワイトニング効果と表記している歯磨き粉には、研磨剤やステイン除去の成分が含まれています。これらを使って定期的に歯磨きすることで歯の白さを取り戻すことができます。しかし、もとの白さ以上に白くすることはできません。より白くしたいときは歯医者に行きホワイトニングの治療をしなければなりません。

歯医者のホワイトニング

ホワイトニングには、自宅で治療を進めるホームホワイトニングと通院するオフィスホワイトニングがあります。療法を組み合わせて行うこともあります。ホームホワイトニングは、口にマウストレイを作成し、ホワイトニングの薬剤をトレーに入れ口に装着しホワイトニングを行う方法です。オフィスホワイトニングは薬剤とレーザーを使って歯を白くする方法です。ホワイトニング剤を塗布した歯に特殊な光を当てます。光を照射することで歯に薬剤が浸透し、歯が白くなります。短期間で効果が表れますが、色が戻りやすい特徴があります。ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用することで、白い歯を長期的に維持することが望ましいでしょう。

まとめ

歯の変色は、ホワイトニング治療で白く戻すことが可能となりました。しかし、歯の変色する理由には、毎日のセルフケアで防ぐことができるものも多くあります。歯磨きを励行したり、コーヒーやタバコの量を抑えるだけでもステインの付着を遅らせることぐらいはできるでしょう。最も確実な方法は、歯医者で定期検診を受け色素の沈着を防ぎ、虫歯の治療も完全に終えることです。歯の白さは相手に与える印象をより良いものにしてくれます。歯医者の専門的な治療で白い歯を手に入れましょう。