みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口腔外科と歯科の違いとは?

口腔外科と歯科の違いとは?

口腔外科と歯科の違いを説明

口腔外科

歯科治療のなかで、口腔、顎、顔面およびその隣接組織への外科的治療を中心に行う診療科のことを口腔外科と呼びます。この診療科では、歯を原因とするものから外科的損傷、口腔内の腫瘍まで、幅広い原因の疾患を治療の対象とします。

原因

交通事故、スポーツでの負傷、口腔癌、顎関節症、口腔粘膜疾患、ドライマウス、嚥下障害、三叉神経・顔面神経痛などの神経疾患、口臭などの内科性疾患など、口腔外科を受診する原因は多岐にわたります。

【口腔外科が診療する主な疾患】
埋伏歯、水平埋伏智歯、過剰埋伏歯
智歯周囲炎、顎骨骨膜炎、顎骨骨髄炎、歯性上顎洞炎、膿瘍、蜂窩織炎
歯牙破折、歯牙脱臼、歯槽骨骨折、顎骨骨折、口腔内外の軟組織裂傷
顎骨嚢胞、軟組織嚢胞
アフタ性口内炎、扁平苔癬、ドライマウス、歯科金属アレルギー、味覚障害、舌痛症
良性腫瘍、悪性腫瘍、歯原性腫瘍
唾液腺炎、唾石症、粘液嚢胞、腫瘍
顎関節症、顎関節炎、顎関節脱臼
口唇裂、口蓋裂
舌小帯強直症

などが挙げられます。さらに、基礎疾患(心疾患、脳血管障害、糖尿病、腎疾患、出血傾向)を持つ患者、障害者にも口腔外科が対応することがあります。全身麻酔をともなう歯科治療や、他の病院、医科との連携による治療も多く扱います。

機能的障害

この領域の治療では、噛み合わせ、食事、会話・発音など、生活上の機能的な問題にも取り組みます。歯並びなどが関与する審美性の面でも、口腔、顎、顔面全体の形態修復も行うことで、いきいきと健康的な社会生活を送る手助けにもなります。

口腔外科の専門的治療

歯科と口腔外科の両者が扱う疾患が多くある中で、口腔外科の専門領域とされる疾患や治療があります。

腫瘍

腫瘍には良性と悪性のものがあり、エナメル上皮腫、角化嚢胞性歯原性腫瘍、歯牙腫、線維腫、血管腫などを良性腫瘍とし、癌腫、肉腫、悪性黒色腫、悪性リンパ腫、悪性唾液腺腫瘍などを悪性腫瘍と分類します。

機能的再建

悪性腫瘍の大部分は癌腫であり、舌癌、歯肉癌(下顎歯肉癌、上顎歯肉癌)、口底癌、頬粘膜癌を引き起こします。治療のためこの部分を切除すると、咀嚼、嚥下、発話など、生活面の支障を引き起こすことになり歯並びや噛み合わせ、表情を作る筋肉にも影響を及ぼします。そのため、機能的な面だけでなく美容的な面も考え、整形的な考えから機能的・形態的再建手術を行うこともあります。

まとめ

一方、口腔外科という一分野を含むものが歯科である以上、一般的な歯科が扱う診療分野はさらに広いものとなります。初期の虫歯や歯周病予防のための定期クリーニング、入れ歯の作成、手術を伴わない歯への治療、歯髄を含む神経治療などが主なものとなるでしょう。

口腔外科の将来

歯科には口腔外科を標榜するところも多くあり、歯科だから口腔外科は扱わないというわけではありませんが、手術や他の医院との連携も多い分野だけに、口腔外科は設備的にもより充実したものが必要になることが多いでしょう。口腔外科は歯科に含まれる一診療分野です。しかし、専門性の高さや歯科診療全体における重要性から今後も治療の中心的役割を果たしていくでしょう。