みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

子ども用マウスピース型矯正装置「プレオルソ」

子ども用マウスピース型矯正装置「プレオルソ」

プレオルソで子どもの歯の悩みを改善!

プレオルソをご存知でしょうか?プレオルソは、矯正専門の現役歯科医師が開発した「マウスピース型矯正装置」です。乳歯から永久歯へと生え変わる前のタイミングで使うと、子どもの歯並びに影響する、様々なトラブルに対して高い効果を発揮すると言われています。

子どもの歯科矯正について

子どものうちからの歯科矯正は、成長、発育する時期なので、あごの骨のバランスを整えやすいというメリットがあります。また、指しゃぶりや口呼吸など、歯の成長に悪影響を与えてしまう癖を改善させ、食べ物をしっかり噛んで食べる、しゃべる、などの口の中の機能発達を高めることができます。

子どもの歯科矯正の治療時期は、2段階に分けられています。

・第1期治療
本格的な矯正治療への準備的治療にあたり、まだ乳歯と永久歯の両方が生えている5歳〜11歳頃のから行います。

・第2期治療
第1期治療を経て、永久歯の歯並びや、噛み合わせを作り上げていく本格的な治療です。

プレオルソとは

プレオルソと呼ばれる「マウスピース型矯正装置」を使った小児矯正方法です。5歳〜11歳頃の骨の柔らかい時期に行う第1期治療時期に始めることで、高い効果が出やすい矯正方法です。プレオルソは、歯並びと噛み合わせを改善させるのと同時に、子どもに見られる「口ポカン」の口呼吸から鼻呼吸へと促す機能的改善にも効果を発揮するのです。

プレオルソの特徴
・子どもが嫌がる、堅いレジンタイプではなく、シリコンタイプの柔らかい素材を使用しているため装着感がよく、子どもが嫌がらずに着けることができます。

・固定式装置の場合、装着し始めた頃に違和感や痛みがどうしても出てしまう場合がありますが、プレオルソの場合はマウスピース式なのでそれがほとんど出ることがありません。
また取り外しが簡単にできるため、食事のときなどに外して食べることで、固定式よりも歯の清潔を保つことができます。

・装置を1日中着けておく必要はなく、起きている間の1時間と寝るときに着けます。そのため子どもへのストレスも少なく続けられるでしょう。

・歯科矯正と言うと高いというイメージがありますが、プレオルソは、一般的な歯科矯正治療よりも、安価な予算で始めることができます。

プレオルソのラインナップ

それぞれの歯の状態によって、以下のような種類を使い分けます。

・type – I
出っ歯の噛み合わせの改善(上顎前突症 叢生 過蓋咬合・各種保定)

・type – II
前歯の噛み合わせの改善(開咬症 各種保定)

・type – III
反対咬合の改善
※3〜6歳の子供の受け口の改善はプレオルソ type – III が有効