みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口唇ヘルペスってどんな病気?何科に行けばいいの?

口唇ヘルペスってどんな病気?何科に行けばいいの?

かかったかな?と思ったときの対処法とは

口唇ヘルペスは、唇やその周りに水ぶくれのようなものができる病気です。今回は、この病気がどのようなものかや治療法、予防法、かかった場合は何科に見せに行けばいいのかについて説明していきます。

口唇ヘルペスとは?

ヘルペスウィルスが原因による感染症で、唇の周りに水ぶくれのようなものができるのが口唇ヘルペスと呼ばれる病気です。一度感染すると、症状がおさまった後もそのまま神経細胞に住みつくという特徴があります。そして発熱、疲労、ストレス、などが原因で体の抵抗力が落ちてしまうと、ウイルスが活発化し再発を繰り返すという特徴があります。

口唇ヘルペスは、発症した唇やその周辺が軽いかゆみやピリピリ、チクチクしたような感じの自覚症状が現れるようになります。さらにその部分が赤く腫れ、小さな水ぶくれができてきます。水ぶくれができた後は、約1~2週間後にかさぶたになり、完治していきます。

主な治療法

口唇ヘルペスにかかってしまった、または再発してしまったら、通常は皮膚科で診てもらうらいましょう。残念ながら根本から治すことはできませんが、薬の治療で抑えることができます。口唇ヘルペスの治療には「抗ウィルス薬」と呼ばれる、ウイルスの増殖をを抑制することで、症状を抑えることができる薬を使って治療します。ちなみに抗ウィルス薬には、塗り薬と飲み薬のタイプがあります。症状が出始めたら、早めに治療を始めましょう。症状治癒までの期間を短くすることができます。

では口唇ヘルペスが発症した、または再発した場合、以下のことに気をつけましょう。

・患部をさわらないように気をつける
・もしも患部に触ってしまった場合は手を洗う
・ヘルペスウィルスは感染力が強く人にうつりやすいため、タオルや食器などを共有しないこと
・患部に触れたタオルや衣類などを他の洗濯物と一緒に洗わないこと
・患部の水ぶくれは潰さないこと

他人にうつってしまう可能性が高いため、発症してしまった場合は細心の注意を払いながら患部を清潔に保ちましょう。

再発を防ぐための予防法とは?

根本的な治癒は不可能ですが、再発を極力防ぐためにはどのようなことを日頃から気をつけていけばいいのでしょうか?口唇ヘルペスは、披露やストレスなどで体の抵抗力が落ちてしまてっているサインでもあります。重症化すると非常に厄介なことになりかねないため、今一度自分の、生活習慣や体調面などを見直してみましょう。もしも発症や再発してしまった場合は、早めの治療と対策をとりましょう。