みんなの歯医者さんは、あなたの知りたいこと受付中!

口内炎と口臭と関係について

口内炎と口臭と関係について

口内炎ができたら口臭のサインかも?

口臭の原因には様々な要因が挙げられます。今回のテーマのひとつである口内炎も、口臭の発生原因と似たような点があります。果たして口内炎と口臭はどのような関係があるのでしょう?

口内炎発症の主な原因

口内炎には、発症原因は様々です。口の中を噛んでしまうなどの物理的な刺激、栄養不足やストレスなどが原因の免疫力低下、口内が不潔な状態、ウィルス感染などが考えられます。また、以下のようにいくつかの種類に分けられます。

・アフタ性口内炎
最も多くみられる口内炎です。舌やほお、唇の内側、歯ぐきなどに、赤く縁取られた白くて小さな腫瘍発生します。

・カタル性口内炎
この口内炎は、口の中を誤って噛んでしまったり、熱いモノを飲んだり食べたりした時、入れ歯や矯正器具の接触などが原因で発症します。傷をつけたり、刺激を受けた箇所に白い腫瘍が出来ます。

・ウイルス性口内炎
一般的には、口唇ヘルペスと呼ばれています。唾液などの接触感染や、飛沫感染によって感染する「ヘルペス性口内炎」です。口の粘膜に多くの小水疱ができ、それが破れてただれてしまうことで、発熱や強い痛みなどの症状があらわれることがあります。

口内炎と口臭と関係性

口内炎と口臭の発症原因は共通する点があります。口内炎の発症原因であるところの、栄養不足やストレスなどが原因の免疫力低下、口内が不潔な状態、これらは口臭が発生する原因でもあるのです。そのため口内炎ができやすい人は、口臭が発生しやすいということが考えられます。

口内炎と口臭を防ぐために気をつけるべきこと

このように口内炎と口臭、両者を防ぐために気をつけるべきことも共通してきます。口内炎発生の原因である免疫力低下は、日頃のストレスや疲れ、睡眠不足や食生活の乱れによる栄養の偏りが影響しています。今一度生活習慣を見直してみましょう。また、口内環境を整えることも両者を予防につながります。日頃の歯磨きをしっかり行い、口の中になるべく歯垢を残さないように口の中を出来るだけキレイな状態を維持しましょう。

この他に、唾液が出やすい環境づくりを心がけ、口の中の乾燥に気をつけましょう。乾燥状態はは口内炎にも口臭にも大敵です。唾液には、細菌や食べかすなどの歯垢を洗い流す役割を果たしています。逆に口の中が乾燥状態だと、口内炎や口臭の原因である細菌が増えやすい環境を作ってしまいます。口の乾燥状態の原因として、口呼吸やストレス、喫煙などが挙げられます。

口内炎と口臭は、ある種の体に異常があるサインです。これらのサインを見逃さないように、知識として頭に入れておき、改善のために取り込みを行いましょう。